仕事内容と種類

コールセンターのお仕事とは

コールセンターのお仕事は、大まかに分けて、アウトバウンド、インバウンドという2種類があります。アウトバウンドは、こちらからお客様にお電話する側であり、インバウンドはお客様からお電話がかかってくるお仕事です。会社が直接運営しているコールセンターと、委託を受けて業務を行っている会社があります。利点としては、直接お客様と顔を合わせることがないため、クレームでストレスとなるようなことがあっても、後を引かずに済むことでしょう。一方で、店頭での接客以上の丁寧さが必要になります。その点で、アナウンサー話し方は良い手本となります。方言の訛りや、イントネーション、滑舌、言葉遣いなど、良いトレーニングが必要となります。

生活に役立つスキルが身につきます

コールセンターの仕事を始める前に、一定の期間トレーニングを受けます。この期間に、苦手を克服できますし、自信を持ってコールセンターデビューできるよう訓練されます。それほど難しい仕事ではありませんし、やり甲斐のあるお仕事です。しかし多くの場合、話しながら、何か書面に記したり、パソコンを扱わなければならないことがほとんどです。同時にいくつもの作業をするのが苦手な方もいらっしゃるので、向き不向きがあるのも事実です。もっとも、面接を受けてみないと何も始まりませんので、気軽に応募してみましょう。最近では、地方にコールセンターが多く点在しています。大学生など、これから社会に出て行く人にとっては最適な仕事と言えます。